テレビ番組の紹介

ここでは、医療関連や終末期に関連する番組を紹介いたします。

医療・人生に関するテレビ番組を掲載します。番組は様々な立ち位置から作られています。番組の主旨を含め、上手にご利用ください。

TVシンポジウム「放置しないで 骨粗しょう症」

  • 【日時】2018/02/17 14:00〜15:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】【パネリスト】聖隷浜松病院部長…森諭史,伊奈病院整形外科部長…石橋英明,兵庫医科大学教授…岸本裕充,【司会】久田直子 ~イイノホールで収録~
  • http://www.nhk.or.jp/

チョイス@病気になったときアンコール「難聴対策 最新情報」

  • 【日時】2018/02/17 20:00〜20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】日本人の10人に1人は耳の聞こえづらさを感じているといわれる。最も多いのは年齢とともに耳が遠くなる加齢性難聴だが、ある日突然、耳が聞こえなくなる突発性難聴も少なくない。低い音だけが聞き取りにくくなる急性低音障害型感音難聴は若い女性に多い。また、中耳炎などの耳の病気で難聴が起こることもある。さまざまな難聴の薬物治療、人工内耳による治療などのチョイスを解説。自分に合った補聴器の選び方も紹介する。
  • http://www.nhk.or.jp/

ETV特集「Reborn~再生を描く~」

  • 【日時】2018/02/17 23:00〜24:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】ディジュリドゥ奏者・画家GOMA。8年前、交通事故で脳を損傷し高次脳機能障害をおった。一方、事故から2日後、全く造詣のなかった絵の才能が開花。以来描かずにはいられない衝動に駆られ、脳裏に浮かぶイメージを点描画で表現してきた。自分の脳に何が起きたのか。アメリカを旅し、サヴァン症候群の研究者や脳損傷を機に音楽や数学の才能が目覚めた人を訪ね、自らの生き方を模索。そして大作『火の鳥』に挑む。語り・窪塚洋介
  • http://www.nhk.or.jp/

きょうの健康 あなたのための 乳がん大解説 ①「早期発見」 ②「手術と乳房再建」 ③「タイプ別 薬の治療」 ④「再発」

  • 【日時】2018/ ①02/19 ②02/20 ③02/21 ④02/22 20:30~20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】

    ①乳がんは女性がかかるがんの第1位。しかし、小さなしこりの段階で治療すれば治る確率が高くなる。その早期発見にかかせないのが、セルフチェックと検診。セルフチェックは、月に1度乳房を触ってしこりの有無を確認。検診はマンモグラフィという乳房用のX線の検査が主流だが、超音波を使った検査を導入する自治体も増えている。さらに、保険適用外だが、遺伝性の乳がんの発症リスクを調べるための検査「遺伝学的検査」もある。

    ②乳がんの治療は手術が基本だ。手術には乳房の一部を切除する「乳房温存手術」と、乳房全てを切除する「乳房切除術」がある。「乳房切除術」を選択した場合、「乳房再建術」によって失った乳房を再建することができる。乳房再建術には、自分のお腹や背中の脂肪などの自家組織によるものと、シリコンでできたインプラント(人工乳房)によるものがある。最近では、皮膚、乳輪、乳頭を残して、より自然な乳房を再建できる場合がある。

    ③乳がんは増殖の方法などによって「ルミナルA」「ルミナルB」などさまざまなタイプに分けられる。こうしたがんのタイプの研究が進んだことで、そのタイプにより効果のある薬を処方できるようになり、治療成績が上がっている。薬の治療でしばしば問題になるのが副作用だが、最近は副作用を抑える新しい薬も開発されている。中でも抗がん剤による白血球減少と脱毛の副作用を防ぐ方法が注目されてきている。

    ④乳がんの治療を受け、さまざまな検査で体中のがんが見えなくなった後、再びがんができることを「再発」と言う。再発には、手術した乳房やその付近に起こる「局所再発」と骨や肺などほかの部位に転移する「遠隔転移」がある。「局所再発」の場合は根治を目指す。「遠隔転移」の場合は現在の医療では根治が難しく、進行を抑え、生活の質を保ち、がんと共存するための治療を行う。最近では、再発性のがんに効く新薬が注目されている。
  • http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

チョイス@病気になったとき▽まとめスペシャル“体にできる石 胆石&尿路結石”

  • 【日時】2018/02/24 20:00〜20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】過去の放送をコンパクトにまとめて紹介する「まとめスペシャル」。今回のテーマは「体にできる石」。胆石は脂肪の消化を助ける働きをする胆汁の成分が胆のうの中で固まったもの。尿路結石は尿に含まれる成分が腎臓や尿管、ぼうこうなどの中で結晶化したもの。どちらも、石ができても無症状の場合も多いが、移動して痛みを引き起こすことも。衝撃波によって石を砕く方法や手術など、対策のチョイスをまとめて紹介する。
  • http://www.nhk.or.jp/