テレビ番組の紹介

ここでは、医療関連や終末期に関連する番組を紹介いたします。

医療・人生に関するテレビ番組を掲載します。番組は様々な立ち位置から作られています。番組の主旨を含め、上手にご利用ください。

こころの時代~宗教・人生~「にんげん宣言」

  • 【日時】2018/12/09 05:00〜06:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】東京・東村山市の国立ハンセン病療養所「多摩全生園」で暮らす山内きみ江さん(84)。差別や偏見から、多くを失い、諦めざるを得なかったきみ江さんにとって転機となったのが、66歳の時に、当時、高校生の真由美さんを養女に迎えたことだった。さらに、社会復帰を目指し、園の外での生活も体験した。人権を踏みにじられながら生きてきたきみ江さんに、人として、母親として生きてきた思いと次代に伝えたいメッセージを伺う。
  • http://www.nhk.or.jp/

サイエンスZERO 音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的にわかってきた!

  • 【日時】2018/12/09 23:30〜24:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的に解明されてきた。脳卒中などで言葉を発することが困難となった「失語症」の患者が音楽を使った治療法で劇的に回復。奇跡の物語。
  • http://www.nhk.or.jp/

きょうの健康 解決!あしのトラブル ①「下肢静脈瘤(りゅう)」 ②「外反母趾(ぼし)」 ③「足裏・かかとの痛み 足底腱(けん)膜炎」 ④「巻き爪」

  • 【日時】2018/ ①12/10 ②12/11 ③12/12 ④12/13 20:30~20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】

    ①脚の静脈が盛り上がり、こぶになる下肢静脈瘤(りゅう)。重症になると皮膚炎や潰瘍に進行。足がむくむ・疲れやすい・夜間にふくらはぎの筋肉がつるなどの症状は要注意。超音波検査で脚の静脈の太さや、血液の逆流の有無を調べることでタイプを判別。生活改善に加えて、弾性ストッキングなどで脚を圧迫し、心臓に血液を戻しやすくする治療が行われる。手術で血管の中にカテーテルを入れて静脈を焼いて閉塞させるという治療もある。

    ②足の親指が変形する外反母趾(ぼし)。最初は靴を履いたときだけ痛むが、進行すると親指の関節で骨が大きくずれ、痛みが慢性的に。外反母趾が疑われる場合は、靴の見直しや足の指を動かすストレッチで、痛みの軽減や変形の矯正を目指す。トースプレッダーや足底挿板などの装具を使う治療も有効。歩行困難など生活に支障がある場合は、手術を検討する。親指の中足骨を切って関節を元の位置に戻し金属で固定する手術が一般的。

    ③足の裏に広がる繊維状の丈夫な組織「足底腱(けん)膜」。損傷することで足の裏やかかとが痛むように。早く気づくためには足裏、とくにかかとの前方を押して痛みを確認し、アキレス腱とふくらはぎの硬さをチェックする。鎮痛薬などの薬による治療に加え、かかとにクッションを入れる装具療法、アキレス腱などを伸ばすストレッチが有効。2012年から健康保険の適用になった体外衝撃波治療は、衝撃波によって痛みを軽減させる。

    ④巻き爪になると、足指が痛むだけではなく、歩き方に影響が出て、膝痛や腰痛の原因に。巻き爪の原因は爪の切り方、靴選び、歩き方。爪は歩行時に地面からの力が加わることで平らになるようになっていて、指をきちんと使わないと自然に爪が巻いてしまう。足指をしっかり使う正しい歩き方を解説。外反母趾(ぼし)で足の変形がある場合も、巻き爪になる。応急処置のテーピング法や、ワイヤーを使った爪の矯正治療も紹介する。
  • http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

TVシンポジウム「孤立大国ニッポン~私たちは何をすべきか~」

  • 【日時】2018/12/15 14:00〜15:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】「世界一孤独な国」とも言われるニッポン。孤立死、ひきこもり、ごみ屋敷など、人と人とのつながりが希薄化し、社会から孤立して暮らす人が、あらゆる世代に多く存在する。一方で、地域コミュニティーに人のつながりを取り戻し、孤立する人を救い出す活動も全国各地で始まっている。どうすれば、誰もが孤立せずに安心できる地域を作れるのか。先進的な孤立対策を進める実践者と学識経験者が“社会的孤立”の解消に向けて話し合う。
  • http://www.nhk.or.jp/

チョイス@病気になったとき アンコール「まとめスペシャル“首と肩の悩み”」

  • 【日時】2018/12/15 20:00〜20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】過去の放送をコンパクトにまとめて紹介する「まとめスペシャル」。今回は首と肩の悩み。けい椎の椎間板が飛び出して神経を圧迫する「椎間板ヘルニア」、頭を後ろから引き上げて支える筋肉がうまく働かなくなって首が上がらなくなる「首下がり症候群」、肩の関節の周囲の炎症によって起こる「五十肩」、上腕肩につながる「けん板」が切れる「けん板断裂」の対策として手術や体操などのチョイスをまとめて詳しく紹介する。
  • http://www.nhk.or.jp/